身近な人が逮捕された人の相談や対処などのまとめ

刑事事件に関わった人々の話

大麻取り締まり法で捕まった

私は5年前、まだ学生だった時に大麻取り締まり法違反の現行犯で逮捕されました。
当時はまだ人間として未熟だったのと、クラブ通いが災いして一斉摘発の網にひっかかってしまいました。
その時、客の一人が私から大麻を譲り受けたと話し私の逮捕が決まりました。

実際に営利目的で譲渡していたわけではないのですが、そのクラブではみんな大麻をやっていたし、貸し借りなんて日常茶飯事だったので本当に運がなかったと思っています。私は特に誰かとつるんでルートを開拓して仕入れしていたわけではなくて、マンションのベランダで大麻を種から栽培して、自分で楽しむ用に乾燥させて処理をしていました。逮捕なので、家宅捜索も入りそのひとしきりの大麻セットも押収されてしまいました。

当時大学3年生だったのですが、そのまま休学になり自主退学となりました。実家からは縁も切られたも同然だったので、私についた弁護士は国選の適当な弁護士だったのですが、この弁護士が腕が良く、私に裁判中の細かい指導を施しました。泣くタイミングまで指導されたほどです。

その裁判の甲斐があって、私は大麻譲渡という罪まで着させられましたが、なんとか執行猶予を獲得する事ができ、実刑を免れる事が出来ました。あれから5年が経ちますが、一流大学を中退したフリーターとして今日も焼き鳥を焼いています。

DATE:2017/11/19

記事一覧へ